京料理貴与次郎のお取り寄せおせちが人気!口コミ・評判で秘密調査

京料理貴与次郎のおせちの人気の秘密!

京料理貴与次郎のおいしさは、4つの秘密にあった!
それは、@千利休が茶の湯に用いられたとされる名水「柳の水」、A直送!賀茂野菜、B古い歴史を感じさせる骨董品や清水焼の「器」、C旬の食材をその日のうちに献立にすること。

 

おせち料理の材料は、縁起を担いだ食材を利用して作られます。
たとえば、かまぼこの紅白は祝の色、蒲鉾は「日の出」を象徴するものとして、元旦にはなくてはならない料理。紅はめでたさと慶びを、白は神聖を表します。
その他にもエビ、数の子、伊達巻当、縁起の由来を一つ一つ確認しながら味わうのも楽しいものですね。

 

ニのお重のおかずでおすすめなのが、紅白なますの紅白の色は水引を表しており、平安と平和を願う縁起物。
栗きんとんは漢字で金団と書き、その字の通り金の団子つまり金銀財宝を意味し、金運を呼ぶ縁起物。
いくらは、みんなも大好きだと思います。よくお寿司とかでも、出てきますよね。この卵は鮭(さけ)の卵です。
鮭はとても強い魚で縁起がいいということと、沢山卵がうまれるので、子宝にめぐまれるといったように、縁起がいいとされています。

 

三のお重では、お酒のあてにもピッタリな合鴨燻製、椎茸煮、にしん昆布巻、小鯛西京焼など、色とりどりの食材が、京のみやびな感じがそのままお重に現れて、見るもよろし、食べるもよろしと、新年になる前からワクワクしてしまう感じがします。

 

自分では、こんなにお料理をそろえることはできないので、事前に嫁と通販HPや近くのおせち料理屋のちらしを参考に決めます。
スーパーや百貨店で、好きな食材をバラバラ買って、味付けしてお重に入れて、、、、と言っても費用もそれなりにかかります。
本気で食材費用を計算したら、2〜3万円!、うーん。。

 

そのため、たまの正月だし、他から買ってきて食べます。
家族と一緒に「これおいしいね〜」「これは好きな味だ!」わいわいしゃべりながら食べるんですが、
子供は好きなものを全部たべちゃおうとするので「みんなで分けるんだよ〜」と言いながら食べるおせちは、なかなかいいものでした。

早割価格で、高級料亭のおせちが超お得です!

匠本舗のおせちはこちら