祝肴三種 関東と関西の違いは?

祝肴三種


祝い肴三種とは、おせち料理に含まれる黒豆・数の子・田作りの3種類のおかずを指します。
黒豆は一年間マメに働けるようにとの願いを込めて、数の子はたくさんの卵が集まっている様子から子孫繁栄、田作りは豊作祈願を願って、おせちに入れられています。

 

関西風肴三種

「田作り・数の子・たたきごぼう」のことを表します。
田作りは昔、田畑に片口イワシを肥料にしていたことから、五穀豊穣を祈願したものです。
数の子は卵がたくさんあるので、子孫繁栄を意味しています。
たたきごぼうは大地に奥深く根をはることから、根気がつく、家が安定するなどの意味合いがあり縁起物とされています。

 

関東肴三種

祝い肴三種とは、お正月の祝いに欠かせない三種類の料理です。関東では、数の子・黒豆・田作りを指します。数の子は、卵の数が多いことから子孫繁栄を願って入れられています。また、黒豆はまめに働き、まめに過ごせることを願って食されています。さらに、田作りの主役である、乾燥した鰯を昔は田畑の肥料として撒くと豊作となったことから、五穀豊穣を願っての料理です。

 

お雑煮のいわれ・由来

その昔神様にお供えするお餅を煮て食べたことがお雑煮の由来と言われています。お供えしたあとにそのお餅を食べることによって、またその年の五穀豊穣を願い神様の加護を受けることができると言われています。

早割価格で、高級料亭のおせちが超お得です!

匠本舗のおせちはこちら