冷蔵生おせちと冷凍おせち宅配との違い

冷凍おせちと冷蔵生おせちの違いと、冷凍おせちの解凍方法

冷蔵生おせちとは

一般的に冷蔵生おせちとは、既にお重で盛り付けされているおせちで、宅配されて、箱から出せばすぐに食べられる状態のおせちのことを指します。
大体12月30日か31日に宅配されて、冷蔵庫に保管しておけばいいので、解凍する手間がなくて、一番手軽で、便利で、オイシイ状態で召し上がることが可能です。
鮮度が命なので、業者も宅配業者とタッグを組み迅速な対応をシステム化しています。
匠本舗さんはヤマト運輸と提携をしていますが、そういった努力をしているところから購入すると「生おせちが指定日に届かない!」などということはないでしょう。

 

冷凍おせちとは

お重に盛り付けされている状態で宅配されますが、冷凍されている状態のため、届いても、すぐに食べることはできません。
一般的には冷蔵庫で保管→自然解凍して、ちゃんと解凍がすんでから、すこし常温にならして、冷たさが概ねとれた段階で食することが可能です。
瞬間急速冷凍で一気に出来上がったおせちを冷凍していくので、新鮮さを保ちながら宅配することが可能です。

解凍方法

非常に簡単で、冷蔵庫(5度前後の温度設定)に24時間程度保管して、その後1時間程度常温にならしてあげることが上手な食べ方でしょう。
ただ、暖房の効いた部屋での解凍は避けるべきです。
常温解凍する場合は、冷暗所が推奨されていることが多いですね。
大体のおせち業者(販売店)は「冷凍おせち食べ方マニュアル」のようなものがセットで入っています。
そのやり方をみながらやればまず間違いはないでしょう。

 

おせち 2018 お取り寄せ 早割

高級料亭のおせちが今だけお得!

祗園・料亭 岩元

ホテルおせち・昨年No.1

海鮮!中村屋


大人気!おせちの詳細はこちら


このおせちはこちら!


海鮮!中村屋

祗園・料亭 岩本

ふく吉  慶びの宴屋

林祐人


大人気!おせちの詳細はこちら



このおせちの詳細はこちら


大人気!おせちの詳細はこちら