おせちの歴史とはなんでしょう!?

おせちの歴史とは

 

お正月に食べるおせち料理ですが、基本的に家で食べるモノであるにも関わらず何故あのような重箱に詰めるのか不思議に思ったことがある人も多いでしょう。
お皿の方が詰める手間が要らずに楽なのではと考えてしまいますが、おせち料理を重箱に詰めるのには勿論きちんと意味があります。
新年最初の節句であるお正月のおせちは、めでたさを重ねるという縁起をかついでいるのです。
あとは何品モノ料理を用意する必用があるので重箱なら重ねることが出来るから場所も取らないし、おせちが作られるようになった頃は当然ラップなんてないので蓋が必要だったと言えます。

 

ちなみにおせちは家族の人数によって三段だったり5段だったりする場合もありますが、四段重が正式な段数です。そして一の重には祝い肴、二の重には口取り三の重は焼き物、四は死を連想させて縁起がよくないとおせちの4段目は与の重といい煮物を詰めるようになっています。
流石にその段の中のおかずの配置までは決まってはいませんが、彩りがいいように入れていくのが基本です。
また祝い肴三種というのは正月の祝に欠かすことが出来ない三種類の料理のことを意味します。
実はこれも関西と関東では異なり数の子と黒豆は共通ですが残り1品が関東が田作りで関西はたたき牛蒡という風です。

 

早割価格で、高級料亭のおせちが超お得です!

匠本舗のおせちはこちら