おせち料理の中身の具材の意味は!?

おせち料理の具材の意味は


栗きんとん
きんとんは漢字で記載すると金団という表記になります。なので金という色から黄金や小判に見立て財産や富を得ることが出来るように、あとは商売繁盛や金運アップといった願いをこめられ縁起モノとしておせちの定番の福食となっています。

 

くるみ
くるみを食べる為には殻の中から出さないといけませんが、その殻はとても固くて簡単には割る事ができない為、強い絆で結ばれている夫婦の様子を表し夫婦円満の意味でおせち料理に入っています。

 

たつくり
保存が効くということを前提にされたおせち料理の中でも田作りはその昔、庶民が食べやすい食材といわれてました。身分の低い者でも食べられる食材で尚且つ縁起が良いものとして選ばれたカタクチイワシは稲作、漁業ともに大量豊作に恵まれる象徴として食べられるようになりました。

 

伊達巻
伊達巻きは伊達政宗公が見た目の派手さを好んだことから、おせちの定番となったという説の他に、切り口が巻物に似ていることから学問や習い事の成就を願って、おせちに入れられているという説があります。

 

かまぼこ
おせちに入っているかまぼこは、その姿形に秘密があります。楕円形を半分に割った形は日の出をイメージし、新しい門出を祝うという意味があります。また紅白のカラーリングは、紅がめでたさ・魔よけ、白が神聖さを表しています。

 

紅白なます
紅白なますは、昔は生の魚、大根とにんじんを酢で味付けして作ったことから、なますと名づけられました。紅白の色は、お祝いの水引をかたどったもので、平安と平和を願う縁起物です。

 

昆布巻き
おせち料理での昆布(こんぶ)はもともとはただの『昆布』ではなく『養老昆布』と呼んでいたという説があります。その読み『ようろうこんぶ』を『よろこぶ』にかけて一年の幸せを願い、喜びであふれる年になるように、という思いでおせち料理に入れられています。

 

くわい
くわいは、オモダカの仲間で、芋から大きな芽が出ます。そこから、めでたいという意味があります。また、芽が出るということは、出世を意味し、その願いを込められて食べられるようになったといわれています。

 


鯛は日本において古来より祝いの席で重用されてきました。おせち料理でよく使われる言われとして、語呂合わせで「おめでタイ」とかけて縁起の良いことです。また出世魚であることもひとつの理由です。

 

海老
おせちにエビが入っているのは、文字通り、海老、海の老人=ながくいきるという縁起の良さと、長いものとして、えびのひげがありますが、これも長く生きる象徴なので、長寿を願うことからえびはおせち料理の定番となっています。

 

数の子
数の子は、もともとが、ニシンからたくさんとれる卵です。多く出ることから、健康であり子宝にめぐまれ、子孫をたくさん残していけるようにといった子孫繁栄の目的があり、おせちにはいっています。

 

錦玉子
錦玉子は、卵の白身と黄身をわけてニ色でつくる料理でその色合いから豪華な錦の金糸と銀糸に見立てられ、錦は、財宝に通じるとされていることから縁起がよい食べ物としておせちに入れられるようになりました。ニ色でつくった料理の二色(ニシキ)との語呂合わせもあるようです。

 

黒豆
黒豆がはいっている理由は、黒豆の黒が魔よけの意味をもち、悪いものからまもってくれ、豆は、まめにいきる=真面目に、懸命にはたらく、健康に気をはらって生きるという意味から、おせちにはかかせない一品です。

 

早割価格で、高級料亭のおせちが超お得です!

匠本舗のおせちはこちら